トップページ > 陥没乳頭によっておこり易いとされる病気

陥没乳頭によっておこり易いとされる病気

陥没乳首自体は病気ではありませんが、内部に陥没するというその形状のために、乳輪下膿瘍になることががあります。乳輪下膿瘍は乳輪の下の痛み、しこりがあらわれ、膿瘍ができ、破れて膿が排出されるようになり、再発がすることが多いのが特徴です。もしもこのようになれば病院での治療が必要になります。


また、授乳が十分におこなえず急性うっ滞性乳腺炎乳期乳腺炎になることがあります。乳腺炎とは乳腺がつまって炎症が起こり、痛みや発熱することです。初産の人に多い病気で、乳腺に乳汁がたまり炎症を起こします。


乳乳腺と炎乳輪下膿瘍は陥没乳頭が原因で起こることがあるので、子供を出産前に陥没乳頭を治すことはそういうリスクを減らすことにつながります。また、乳輪下に乳がんなどの悪性腫瘍が発生したために、陥没乳頭になることがあります。大人になっていきなり陥没乳頭になった方などは要注意です。乳がんの可能性もあるので必ず検査を受けましょう。詳しくは陥没乳首のサインをご覧ください。

陥没乳首にお悩みの方にオススメの陥没乳首解消グッズ!


【乳首吸引機プチフィット】

10000個突破!!大ヒットを記録した乳首吸引器がパワーアップして新登場♪誰にも相談できない乳首の凹み。プチフィットにまかせて!ソフト素材の吸引器で乳首を吸出し、ケアします。


その他の陥没乳首の解消方法のことはトップページまたはサイドバーからどうぞ。
⇒ 陥没乳首を治す方法・治し方まとめサイト|陥没乳首を治す方法.com

このページの先頭へ

inserted by FC2 system