トップ > 陥没乳首(陥没乳頭)の原因

乳首がない?陥没乳首(陥没乳頭)の原因とは?

男女問わず多くの人を悩ませている陥没乳首となる原因は単純なものでなく人それぞれ多種多様。ですが、陥没乳首の主な原因としては、 

・乳頭を支える繊維組織が未発達な先天的な場合

・癌や乳腺炎・乳房の手術などによって症状が現れる後天的な場合 が挙げられます。


陥没乳頭の原因には、先天的なものと後天的なものがあります。 ほとんどの場合では生まれついての体質による、先天的なものと考えられています。


          


まず先天的な場合の陥没乳頭の原因には、乳管を含む乳頭直下の繊維組織が未発達な状態であるせいや、繊維の癒着が起こるせいによって乳首が内側へ引き込まれるといったことなどが考えられています。 


しかしなぜそういった状態になってしまうのかということなどは、はっきりとは解かっていないというのが現状のようです。 

そして後天的な陥没乳頭の原因には、乳がんや乳腺炎などを発症していることなどが考えられています。先天的な場合ではとくに心配をする必要はありませんが、後天的な場合では、重大な疾患をわずらっているという確率が高いため注意が必要です。 



また陥没乳頭には、軽度の仮性と重度の真性の2種類があり、程度によっては生活にさまざまな支障をきたすという場合があります。軽度の場合では日常生活においてさほど気にする必要はありませんが、重度になると出産をした際などに、赤ちゃんへの授乳が困難となるなどの支障をきたします。 


陥没乳首の状態も軽度であれば乳首吸引器の使用や、子供に授乳をすることで徐々に矯正していくことができます。しかし、もしあまりにも重度の陥没乳首である場合は乳頭吸引器を使っても母乳による授乳が困難な場合も多いようです。


そのような場合では整形外科などでの手術が必要となります。手術は形成外科や美容外科で受けることができますが、必ず事前に医師の診察を受けることが大切です。 


陥没乳首にお悩みの方にオススメの陥没乳首解消グッズ!


【乳首吸引機プチフィット】

10000個突破!!大ヒットを記録した乳首吸引器がパワーアップして新登場♪誰にも相談できない乳首の凹み。プチフィットにまかせて!ソフト素材の吸引器で乳首を吸出し、ケアします。


その他の陥没乳首の解消方法のことはトップページまたはサイドバーからどうぞ。
⇒ 陥没乳首を治す方法・治し方まとめサイト|陥没乳首を治す方法.com

このページの先頭へ

inserted by FC2 system