トップ > 陥没乳首の手術費用

陥没乳首(陥没乳頭)の手術費用

真性陥没乳頭は個人によって差があり、手術の方法や難易度が異なってきます。なので手術前に医師と十分相談し、手術の内容について話し合ってください。気になる手術治療費用には保険が適用されることもあります。しかし、対象となるのは40歳未満で、今後授乳の予定がある方です。

特に陥没乳頭が原因で授乳に障害があると思われる場合、または授乳が困難であると思われる場合に、保険が適用されますので安心して大丈夫です。


陥没乳首の治療方法をしたいが一体何科を受診したらいいのか分からない方も多いかと思います。妊娠中の方でしたら産婦人科で治療が可能です。陥没乳首を治す器具で治療します。そうでない方は形成外科がお勧めです。


美容整形外科でも治療は可能ですが、健康保険が適用されない可能性が高いです。一般の形成外科ならこの症状の手術に関して専門家ですし、健康保険が適用される可能性は高いです。手術費なのど症状によって違うので気になる方はお近くの婦人科か形成外科にご相談ください。


陥没乳頭手術は保険が使えます

授乳障害が認められる方が保険対象です。陥没乳頭は乳管の未発達が原因で起こる若い女性に多い疾患で、乳首を指で引っ張るとすぐに出るものを「仮性」、引っ張っても外に出ないものを「真性」と呼びます。陥没乳頭を放置しておくと授乳に支障をきたしたり乳輪下膿瘍という感染症を起こす可能性もあり、大学病院や日本美容医療協会会員などでは陥没乳頭を病気と判断し、陥没乳頭の手術は保険適用となっています。

但し、形まで整えるような美容目的の治療や保険診療を扱わないクリニックでは陥没乳頭の手術保険適用とならず、全て自己負担となり、費用は両側で30万円前後かかるところが多いようです。保険適用された場合の陥没乳頭の手術費用は麻酔や薬剤も全て含めて、両側で約5万円です。しかし、重症の陥没乳頭の手術であれば費用はもう少しかかり、8万円ほどになることもあります。

手術の一般的な金額は??

授乳に影響を及ぼすくらい重度の陥没乳首であれば保険が適応され、大体5万程度で済むのがほとんどです。但し、理想の乳首の形にしたいと考えるような美容目的の治療や、そもそも保険がきかないクリニックの場合は手術が保険適応外となるため高額になります。保険が利かない場合は、大体30万前後といったところが多いです。


※乳腺炎などで医師が疾病とした場合などに保険が適用されることが多いようです。

陥没乳首にお悩みの方にオススメの陥没乳首解消グッズ!

【乳首吸引機プチフィット】

10000個突破!!大ヒットを記録した乳首吸引器がパワーアップして新登場♪誰にも相談できない乳首の凹み。プチフィットにまかせて!ソフト素材の吸引器で乳首を吸出し、ケアします。


その他の陥没乳首の解消方法のことはトップページまたはサイドバーからどうぞ。
⇒ 陥没乳首を治す方法・治し方まとめサイト|陥没乳首を治す方法.com

  このエントリーをはてなブックマークに追加 


このページの先頭へ

inserted by FC2 system