トップ > 陥没乳首の矯正方法

女性の敵!陥没乳首を矯正する4つの方法

女性にとってバストはかなり悩むことが多いと思います。バストが小さすぎる事や、大きすぎること、形なんかも気になる事かと思います。その中でも非常に人に聞きずらい陥没乳首はかなりのコンプテックスを感じるのではないでしょうか。しかも出産期になると赤ちゃんへの授乳がしずらい事にもなります。これから陥没乳首についての矯正方法の説明を行いたいと思います。

 
まず陥没乳首とは成長段階で出てくるはずの乳首が出てこないことをいい、真性と仮性の2種類があります。 真性は何をやっても出てこないものをいいます。仮性は触れると自然に出てくる事をいいます。


仮性であれば触れると出てくるので、主な治療方法はありません。しかし真性であればマッサージや矯正があり、最終的に手術が考えられます。真性であれば、感染症を伴うことがあり、痛みが出て膿がたまり日常生活に支障をきたす事があります。そうなれば、切開を行い排膿しなければなりません。

陥没乳首の矯正は自宅で出来、乳頭吸引器や矯正グッズ、サポートグッズなどがあります。


乳頭吸引器




ポンプや注射器を使用して入り込んでいる乳首を外に引っ張り出し露出させる方法です。強く吸引すると傷がついたり痛みが出ますので加圧には注意が必要です。

吸引器の中にも種類はありますグッズは市販でも購入が可能です。たいていはブラジャーの内側に装着するもので、乳首の位置を固定させて矯正するものです。グッズ商品は様々ですので、使用目安とては半年間使用して、ダメであれば次を考えるといった方法しかありません。

陥没ちくび 治療器具の種類について

乳首吸引器ピペトップ

乳首吸引器プチフィット

乳頭保護器



主に乳首に傷などができた際の授乳中に使用されています。使用中は赤ちゃんが母乳を飲みやすい設計になっていますので、問題なく使用できます。ただあまり効果を実感されない方が多いです。

マッサージによる矯正

陥没乳首を治すマッサージ①

陥没乳首を治すマッサージ②

陥没乳首を治すマッサージ③


整形手術による矯正

陥没乳頭マッサージの際の注意事項

陥没乳首にお悩みの方にオススメの陥没乳首解消グッズ!

【乳首吸引機プチフィット】

10000個突破!!大ヒットを記録した乳首吸引器がパワーアップして新登場♪誰にも相談できない乳首の凹み。プチフィットにまかせて!ソフト素材の吸引器で乳首を吸出し、ケアします。


その他の陥没乳首の解消方法のことはトップページまたはサイドバーからどうぞ。
⇒ 陥没乳首を治す方法・治し方まとめサイト|陥没乳首を治す方法.com

  このエントリーをはてなブックマークに追加 


このページの先頭へ

inserted by FC2 system