トップページ > 陥没乳首の問題とは?

陥没乳首の問題とは?陥没乳首のデメリット



もしあなたが、陥没乳首になってしまった場合、どのようなデメリットがあるのでしょうか。陥没乳首には、仮性の陥没乳首もありますし、真性の陥没乳首もあります。この陥没乳首がどのようなデメリットがあるのかについて分かりやすく説明していきます。

陥没乳首は、乳房の内側に埋没した乳首の事を指す。この状態を正しくは、陥没乳頭と呼ぶ。育児において子供に母乳を与える際、まず乳首を露出させる必要がある。刺激することにより出てくる軽度の状態(仮性)もあれば、常に埋没してしまっている重度な(真性)状態もあります。

・刺激を与えると乳頭が突出する・・・・・仮性(軽度)
・刺激を与えても乳頭が突出しない・・・真性 (重度)


陥没乳首と授乳の関係について


陥没乳首になってしまった場合、赤ちゃんをどのように授乳すれば良いのでしょうか。赤ちゃんは、乳頭から授乳しますので、陥没乳首によって隠れているのであれば、授乳しづらくなることが考えられます。もし、赤ちゃんに授乳できないのであれば、乳房の改善を行っていかなければなりません。

もしあなたが、陥没乳首であることを理解しているのであれば、授乳しやすくなるようにマッサージなどを行って準備しておかなければなりません。陥没乳首だからといって、何も改善しないよりかは、自宅でマッサージなどを行うことで、改善しておいた方が良いのです。


陥没乳首は最近若者に多い!?


陥没乳首は最近の若者にかなり多いと言われています。その原因は様々で、乳首のまわりにある筋肉が普通より強く下へ引っ張られている為、または乳腺と乳管が通る管が未発達な先天的なもだと言われていますし、成長期である10代に激しい運動やストレス、喫煙などが原因で成長ホルモンのバランスが崩れ胸の成長が未発達になる ことで乳首が陥没してしまうのではないかと考えられています。


陥没乳首に悩む人は多い


成人女性の10人に1人は片側または両側に発生しているとの報告もあり、成長期の10代の女性ならもっと多くの方か陥没乳首で悩んでいるのではないでしょうか。症状が軽度の人も含めると、成人女性の1割以上が、片側または両側に発生しているとも言われています。男性は乳頭を機能することがないために、問題視されることはまずありませんが、見た目の問題で気になるという方も少なくはないようです。


美容整形などで乳首を内側に引き込んでいる筋肉を切断するなどして外科的治療をする事も可能です。手術となると多額な費用がかかりますが、近頃は保険適応の美容外科がほとんどです。

また、 自宅で治療するための、吸引器なども販売されていています。 キャップのようなものを装着し、真空状態にすると、乳首が突出します。日常生活で出来るだけ長く、毎日装着を続けているうちに、徐々に症状が緩和していくというものです。時間はかかりますが、手術より低価格です。


陥没乳首の衛生面について


陥没乳首の場合、衛生面はどのようになっているのでしょうか。陥没乳首は、乳房が隠れてしまっていますので、衛生上、良くない可能性があります。陥没乳首の場合、炎症を起こす可能性もありますので、衛生面について解決していかなければなりません。


■慢性乳腺炎
これから陥没乳首によって発生する病気について解説したいと思います。陥没乳首によって発生する病気として、慢性乳腺炎というものをご存知でしょうか。

「そんな名前、はじめて聞きました。」という人も多いのではないでしょうか。あまり聞いたことはない名前だと思います。ですので、症状や原因についても知らないと思いますので、何も知らない人でも理解できるように分かりやすく解説していきます。


■慢性乳腺炎の基本情報
陥没乳首によって発生する慢性乳腺炎ですが、乳管拡張症と乳輪下膿瘍の2つが存在します。乳輪の下に膿がたまってしまいますので、これが皮膚に広がってしまって膿の出る穴を作成するのです。治りづらく、1度、症状が治まっているように見えたとしても、再発してしまって長期間炎症を繰り返してしまう可能性があります。


■慢性乳腺炎の症状について
陥没乳首によって慢性乳腺炎になってしまった場合、どのように調べればよいのでしょうか。「陥没乳首で、慢性乳腺炎になってしまったとしても、自分で調べられるの?」と思っているのでしたら、慢性乳腺炎は、自分で調べる方法があります。慢性乳腺炎の症状ですが、乳輪の下にしこりができるのですが、痛みがあるのです。

時間が経過すると大きくなってしまいますので、膿が出てしまったり、赤く腫れてしまったり、周辺が熱をもっているなと思ったら、慢性乳腺炎の症状が出ている可能性があります。

多くの場合ですが、慢性乳腺炎は、乳頭の陥没や乳頭からの分泌物や皮膚のろう孔などが見られるようになりますので、発熱や悪寒が伴うことを覚えておきましょう。慢性乳腺炎は、授乳経験がなかったとしても、陥没乳首であれば、症状が出る可能性がありますので、調べてみましょう。


■慢性乳腺炎の原因について
陥没乳首によって慢性乳腺炎になってしまった場合、何が原因なのでしょうか。慢性乳腺炎になってしまった場合、乳管拡張症と乳輪下膿瘍が主な原因だと言われています。

乳管拡張症の原因ですが、乳管内に細胞片などが溜まったりすることで、それが、乳管周囲に炎症を発生させる原因となっていると言われています。乳輪下膿瘍ですが、乳管の中に角質と呼ばれる物質がつまってしまうことで、細菌感染してしまうと考えられています。


■陥没乳首によって慢性乳腺炎になった場合の治療
陥没乳首によって慢性乳腺炎になってしまった場合、どのように治療すれば良いのでしょうか。陥没乳首による慢性乳腺炎の治療方法が知りたいと思っている人もいるでしょう。まず、慢性乳腺炎なのであれば、乳頭の周りを清潔にすることからはじめてみましょう。

乳頭の周りを清潔にすることができれば、慢性乳腺炎を予防することができます。陥没乳首によって慢性乳腺炎になってしまう可能性もありますので、陥没乳首を改善することが大切です。陥没乳首によって慢性乳腺炎になってしまったとしても、治療方法はありますので、ベジタリアンの野菜と果物だけの生活をして病気にならないようにしましょう。

陥没乳首を治療する利点とは


陥没乳首によってどのようなデメリットがあるのかについて説明しましたが、理解できましたでしょうか。陥没乳首になってしまったとしても、仮性の陥没乳首の人もいれば、真性の陥没乳首の人もいます。

もし、授乳などが難しいというのであれば、自宅でマッサージを行うなど、陥没乳首の改善方法は存在します。陥没乳首の治療ですが、継続して行っていくことで、陥没乳首を改善することができますので、自分なりに治療を行ってみてはどうでしょうか。時間を決めて行えば、少しずつでも陥没乳首を改善することができますよ。


人によっては、将来授乳する予定もないですし、治療する利点なんかあるのだろうかと思っている人もいるでしょう。

別に治療せずに放置しておいても問題ないのじゃないかという気持ちも理解できます。陥没乳首というのは、乳房に汚れがたまりやすい状態となっていますので、治療することで、乳房を清潔にすることができます。乳房を清潔な状態にしておかないと、乳腺炎を発症させてしまう可能性もありますので、治療しておいたほうが良いのかもしれません。

陥没乳首にお悩みの方にオススメの陥没乳首解消グッズ!


【乳首吸引機プチフィット】

10000個突破!!大ヒットを記録した乳首吸引器がパワーアップして新登場♪誰にも相談できない乳首の凹み。プチフィットにまかせて!ソフト素材の吸引器で乳首を吸出し、ケアします。


その他の陥没乳首の解消方法のことはトップページまたはサイドバーからどうぞ。
⇒ 陥没乳首を治す方法・治し方まとめサイト|陥没乳首を治す方法.com

このページの先頭へ

inserted by FC2 system