トップページ > 妊娠中・授乳時の陥没乳首

妊娠中・授乳時の陥没乳首について

 陥没乳首が起きる割合についてですが、基本的には10人に1~2人程度の割合で発生します。ただ、これを妊婦だけに限定して調査すると、1割近くにまで発生割合が上昇する傾向にあります。


没乳首の原因として乳管が深く関係しており(乳管とは乳汁が通る管)、乳汁を分泌する組織から乳首にまで伸びています。この乳管が先天的な異常で、短い事が原因となっているのではと考えられているのです。


それ以外にも乳首の組織の未発達、乳房の腫瘍が乳首を内部に引き込んでいる等の説もあります。 この症状は育児をする時に問題となる可能性を秘めています。赤ちゃんに母乳を与える時に、その作業が困難になる場合があるのです。そのため、これから育児を行なう女性等は、早めに治療する事が大切になります。

育児中の陥没乳首の問題

この症状は育児の時に問題となる可能性が高いです。赤ちゃんに母乳を与える際に、その作業が困難になるためです。なので、この症状は早めに治療をする事が大切になります。具体的な治療方法は、陥没乳首の症状の重さ等によって異なります。

症状が軽度の場合には、授乳前に手やピンセット等の道具を使って引っ張り出すという方法があります。この治療方法で治る人もいますが、少し経つと陥没した状態に戻ってしまうケースもあります。


そういった人や症状が重い人の場合には、手術で治すという方法があるわけですが、どうしても妊娠中や授乳中はそうはいきません。

なので、 これから先に授乳の予定が無い場合には、はやめに乳管を切断するという方法(陥没乳首の整形手術)を受けられるのもおすすめいたします。

陥没乳首解消グッズを使用する

自宅で治療したい方のために、吸引器なども販売されていています。 キャップのようなものを装着し、真空状態にすると、乳首が突出します。日常生活で出来るだけ長く、毎日装着を続けているうちに、徐々に症状が緩和していくというものです。時間はかかりますが、手術より低価格です。

【乳首吸引機プチフィット】

10000個突破!!大ヒットを記録した乳首吸引器がパワーアップして新登場♪誰にも相談できない乳首の凹み。プチフィットにまかせて!ソフト素材の吸引器で乳首を吸出し、ケアします。

その他の陥没乳首の解消方法のことはトップページまたはサイドバーからどうぞ。
⇒ 陥没乳首を治す方法・治し方まとめサイト|陥没乳首を治す方法.com

  このエントリーをはてなブックマークに追加 


このページの先頭へ

inserted by FC2 system