トップ > 乳腺炎

陥没乳首(陥没乳頭)による乳腺炎

乳腺炎とは、乳腺が炎症を起こす病気です。乳房が赤くはれ、強い痛みを伴います。細かく分類すると、

『 急性 うっ滞性 乳腺炎』
『急性 化膿性 乳腺炎』 
『慢性 乳腺炎』


があります。 乳首が陥没している方は、乳腺炎にかかりやすいため、特に注意が必要です。 それぞれ病状の違いがあります。 


別名、授乳期乳腺炎と呼ばれ乳腺内に溜まった乳汁が、細菌によって感染し、その細菌感染によって引き起される急性炎症です。乳頭の清潔さが保ちにくい陥没乳頭が原因で起こることも多いとされています。授乳期乳腺炎の主な症状としては、まず乳房全体が乳汁がうっ滞することによって腫れます。

そして炎症が進むと、皮膚や粘膜の一部が充血して赤くなるような発赤を部分的に伴うようになります。それから、全体的に熱を帯びたような熱感と、ずきずきと痛み、うずく痛みも出てきます。



また、こういった炎症が限局すると、膿が溜まった状態の膿瘍ができてしまいます。さらにわきの下のリンパ節が腫れるといった症状が表れたり、発熱したりすることもあります。適切な処置をしないと下記の化膿性(かのうせい)乳腺炎に移行するおそれがあります。 授乳期の乳汁分泌量が乳児の吸飲量より多いと、急性うっ滞性乳腺炎にかかりやすいと考えられます。


性乳腺炎の症状

症 状・・・・乳房が赤く腫れ、しこり、痛み。微熱を伴う場合もあります。

治療法・・・搾乳によって、たまった乳汁を出し、冷やすなどして治療します。 


細菌感染による、乳腺の炎症です。上記の『急性うっ滞性乳性炎』がきっかけとなり、発症する場合と、乳頭の傷などから化膿菌が侵入して感染をおこす場合があります。 


症 状・・・乳房が赤く腫れる。激しい痛み、リンパ節の痛みと腫れ、悪寒とふるえを伴う高い発熱、症状が悪化すると膿が溜まって膿瘍ができることもあります。

治療法・・・抗生物質の投与、切開して膿を出します。 

授乳・ホルモン分泌とは関係なく、陥没乳頭に原因する場合が多いです。若い女性によくみられ、乳輪の下に痛みのあるかたいしこりが出来ては破れて、膿[うみ]が出ることを何回もくり返します。根本的に治すには、膿のたまった袋を完全に切除して、同時に中にひっ込んでいる乳頭が外に出るように治療ををしなければなりません。

性乳腺炎の予防対策について


『母乳をためない』 
予防方法としては、乳腺炎の原因である乳汁をためないように積極的に授乳をしましょう。乳児が飲む以上に母乳が沢山出る場合は、搾乳機で搾るなどして、母乳を溜めないようにしましょう。


『いつも乳頭を清潔に』 
乳頭を清潔にして、細菌の感染を予防することが大切です。陥没乳頭の場合、特に乳頭を清潔に保つことが困難ですので、陥没乳頭の治療は早期にしておくにこしたことありません。


『和食中心のヘルシー生活』 
食事にも注意が必要です。脂っこい物や甘いものばかりを食べ過ぎると、血液がドロドロになり、乳腺が詰まりやすくなります。出来れば和食中心のヘルシーな食事にしましょう。 授乳期乳腺炎の治療の方法としては、抗生物質の注射か内服薬の投与が挙げられます。まだ初期の段階で発熱や発赤の症状が表れていないうちは、湿布をして冷やしたり、搾乳器で乳汁をしぼり出します。

しかし、膿が溜まった状態の膿瘍ができた場合には、切開して膿を出さなければいけません。この場合は、授乳はさせないようにしないといけないので、乳汁分泌の抑制を抗プロラクチン薬で行います。 

陥没乳首でずっと悩んでいるんですが、授乳をしようとしても思っ他通りに授乳できずに、だからと言っても母乳を出さないと更に張ってしまい、乳腺炎になったりしてかなりの苦痛でした。夜も眠れなくなるほど、炎症による痛みがかなり酷く、冷やしたらいいとか、温めたらいいとか、全くわからず苦労しました。結果的に乳腺炎の治療を行い、完治後、陥没乳首解消グッズを使うことにしました。


陥没乳首解消グッズを使用する

自宅で治療したい方のために、吸引器なども販売されていています。 キャップのようなものを装着し、真空状態にすると、乳首が突出します。日常生活で出来るだけ長く、毎日装着を続けているうちに、徐々に症状が緩和していくというものです。時間はかかりますが、手術より低価格です。

【乳首吸引機プチフィット】

10000個突破!!大ヒットを記録した乳首吸引器がパワーアップして新登場♪誰にも相談できない乳首の凹み。プチフィットにまかせて!ソフト素材の吸引器で乳首を吸出し、ケアします。

その他の陥没乳首の解消方法のことはトップページまたはサイドバーからどうぞ。
⇒ 陥没乳首を治す方法・治し方まとめサイト|陥没乳首を治す方法.com

  このエントリーをはてなブックマークに追加 


このページの先頭へ

inserted by FC2 system