トップ > マッサージの際の注意事項

陥没乳頭マッサージの際の注意事項

陥没乳頭の場合、陥没がひどいと引っ張ってもなかなか簡単には乳首は出てきません。その場合は指先で探るようにすると、奥のほうにしこりがあるので押し出すようにします。しかし、無理に引き出そうとすると、痛くなったり傷つけたります。


無理をせず、毎日少しずつ出すようにしましょう。それでも出てこない場合もあります。その場合は、乳頭を矯正するための乳頭吸引器といった器具を使用します。


マッサージ途中で、下腹部が痛くなったり張りを感じたら、マッサージを中止します。また、マッサージをしているときに母乳が出ることがたまにありますが、これは問題ありません。母乳が乳首にこびりつくようでしたら、ベビーオイルで柔らかくしてからふき取ると良いでしょう。

陥没乳首にお悩みの方にオススメの陥没乳首解消グッズ!


【乳首吸引機プチフィット】

10000個突破!!大ヒットを記録した乳首吸引器がパワーアップして新登場♪誰にも相談できない乳首の凹み。プチフィットにまかせて!ソフト素材の吸引器で乳首を吸出し、ケアします。


その他の陥没乳首の解消方法のことはトップページまたはサイドバーからどうぞ。
⇒ 陥没乳首を治す方法・治し方まとめサイト|陥没乳首を治す方法.com

  このエントリーをはてなブックマークに追加 


このページの先頭へ

inserted by FC2 system