自分で陥没乳首を治す方法 整形いらず!自力で治そう!!

陥没乳首とは正式には陥没乳頭といわれていて、乳首が乳房の内側に埋没しているような状態で、具体的には乳頭が乳輪面より奥に引き込まれている形になっていて突出していない状態をさします。陥没乳首による外見的なコンプレックスをお持ちの方は多く、出産後の授乳の悩み、衛生面などの問題があります。

人に相談出来ずに陥没乳首に悩んでおられる方は、男女を問わず、たくさんいらっしゃいます。美容整形などで改善する事も可能ですが、当サイトでは一切の整形手術を利用せず陥没乳首を治す方法を紹介します。

陥没乳首の基本知識

陥没乳首は、乳房の内側に埋没した乳首の事を指す。この状態を正しくは、陥没乳頭と呼ぶ。育児において子供に母乳を与える際、まず乳首を露出させる必要がある。刺激することにより出てくる軽度の状態もあれば、常に埋没してしまっている重度な状態もあります。

陥没乳首とは?その治し方について 陥没乳首の問題とは?
仮性か真性なのか。陥没乳首の症状とその対処方法について 陥没乳首を治すマッサージについて
陥没乳首による乳腺炎とは? 乳首がない?陥没乳首の原因とは?
陥没乳首のサイン 陥没乳首による乳輪下膿瘍とは?
陥没乳頭に類似する症状 陥没乳首の治療&診察は何科?
陥没乳首の治療・整形手術について 陥没乳首の母乳授乳について
陥没乳首の矯正方法について 陥没乳首の矯正グッズについて
扁平乳首とは?その治し方について 陥没乳頭によっておこり易い病気
妊娠中・授乳時の陥没乳首について 陥没乳首のよくある質問とは?

陥没乳首を治す方法&陥没乳首を治すグッズを紹介!

乳頭マッサージなどを定期的にすることで陥没乳首の解消にもつながります。入浴時にすると、血行が促進され効果的です。1日一回、2~3分程度でOKです。マッサージしても乳首が突出しない場合や、より効果的に陥没乳首を治すためには吸引器具などを使い、乳頭を突出させてからマッサージを行いましょう

陥没乳首の矯正方法の種類 陥没乳頭マッサージの際の注意事項
様々なな陥没乳首を治すマッサージ 陥没乳頭グッズの種類とは?
陥没ちくび 治療器具の種類について 乳首吸引器ピペトップ
乳首吸引器プチフィット

陥没乳首の整形手術について

重度の真性陥没乳頭の場合は手術しないで自然に治るということはほとんどありません。その原因には乳頭内の線維の引きつれが起こってることからおきます。陥没乳首の手術ではまず乳頭の付け根に2~3ヶ所の小切開を行い、乳頭内の線維の引きつれをとります。

陥没乳首の手術費用について 陥没乳首の手術について
陥没乳首手術後のケアについて 陥没乳首の整形手術を受けられた方の声
陥没ちくび 治療器具の種類について

陥没乳首以外の乳首・バストの悩みについて

陥没乳首以外にも、女性はバストに対して大きな悩みをお持ちであることが多々あります。乳首が黒ずんでいる、バストサイズが小さい、バストがたれている・・・。女性のシンボルであるバストだからこそ、堂々としたいものですね。このコンテンツでは陥没乳首以外の乳首の悩み・バストの悩みを解決する方法をご紹介いたします。

乳首の色が黒ずみに対する解消法 気になる乳首の黒ずみを解消し、ピンクにする7つの方法

まずは自分で陥没乳首を治したいという人へ

陥没乳首の人で、様々な方法を試す前に自分で治療がしたいと考える人がいるでしょう。陥没乳首を自宅で治療するのであれば、自分でマッサージを行うという方法があります。マッサージを行うのであれば、お風呂に入っている入浴中や入浴後にマッサージを行うことで、陥没乳首を改善することができます。

陥没乳首のマッサージですが、授乳しやすい乳房にする方法として効果的ですので、1日1回で良いので行ってみてはどうでしょうか。マッサージの行い方ですが、片方の手で乳房を支えるようにして片方の指で乳房を出すようにマッサージを行います。

陥没乳首であったとしても、このマッサージを継続して丁寧に行っていくことで、陥没乳首を改善することができますので、行ってみてはどうでしょうか。最初は、ゆっくりと行っていくことで、正しい方法で治療することができます。1日1回、2分~3分程度で構いませんので、自分でマッサージをする機会を決定しておきましょう。

あなたにあった方法を見つけてください

当サイトについてには様々な陥没乳首についての説明をしてあります。陥没乳首というのは、乳房がへこんでいる状態であることを説明しました。自分が仮性の陥没乳首なのか、真性の陥没乳首なのか調べることからはじめて、自分に合う改善方法を探していきましょう。

この際との海瀬津内容をもとに調べていけば、自分でも状態を理解することができるでしょう。自宅で陥没乳首を改善していくのであれば、入浴する際にマッサージを行うなどの方法がありますので、毎日継続して行っていけば、少しでも改善することができるでしょう。

このページの先頭へ

inserted by FC2 system